(初心者向け)2on2の攻め方・考え方(ピックアンドロール等)

考え方

知り合いの初心者の方からよくこんな質問を受けます。

初心者さん
初心者さん

ハーフコートオフェンス全体の考え方は何となく分かりましたが、具体的にどのように攻めれば良いでしょうか?

ヤビー
ヤビー

ハーフコートオフェンスは5人で攻めますが、基本的には1on1、2on2、3on3を使って崩していくことになります。

ということで、本日はその中の2on2(2対2)の考え方と代表的な攻め方について説明していきたいと思います!

NBAやBリーグ等、世界的にピックアンドロール(2on2の一種)が多用されてますので、しっかりと理解しましょう!

☆ヤビーはこんな人☆

・バスケ歴20年以上(社会人バスケ歴10年)
・大学時代は体育会の部活でスタメン(連盟1部)
・結婚6年、子ども2人(1,4歳)、妻は育休中
・コーチの経験もあり
・後輩、兄弟、友人(とお子さん)の指導経験あり

↓ハーフコートオフェンス全体の考え方はこちら

スポンサーリンク

1on1+1on1で考える

これは非常にシンプルで1on1で切り崩してもう一人があわせるという考え方です。

↓1on1についてはこちら

↓あわせについてはこちら

スラムダンクをご存じのかたは最終巻のあのシーンのイメージです♪

2on2で考える

ここからは狭義の2on2について解説します!

ボール手渡し(ボールマンがスクリーン)

ボールを持っている人(ボールマン)が味方選手に手渡しすることで自分が壁(スクリーン)となり、味方をフリーにする攻め方です。

代表的なものでハイポスト+45°で説明します。

上図はハイポストでセンターがボールを持っている状態です。

そこから45°の選手がボールをもらいに行きます。

このときディフェンスが間に入らないよう、ハイポストの選手のギリギリを通ります。

ここでセンターがボールを手渡しし、自分が壁となることで味方がフリーとなります。

フリーとなればシュートまたはドライブで簡単に攻めることができます。

ヤビー
ヤビー

ボールを渡すor渡さずに自分で攻めるかの判断など、次のステップで考えることはありますが、まずはこんな攻め方があるんだな、くらいに覚えておいてください!

ピック(ボールマンにスクリーン)

ボールマンにスクリーンをかけて攻める方法(ピック)で、スクリーン後の動き方で大きく2種類あります。

まずは共通部分として、ボールマンにスクリーンをかける状態の説明をします。

上図のように、①しっかりとディフェンスに引っかかるよう、90°にスクリーンをセットし、

②その向きにドリブルを進めます。

③フリーとなったところでシュート、あるいは更に中へドリブルで切り込み(ドライブ)します。

ピックアンドロール

ピックでひっかけた後、スクリーンをかけた選手(スクリナー)がくるっと回って(ロールして)ゴールへ向かうプレーです。

スクリーンがきれいにかかったときに有効で、ゴール付近での得点を狙えます。

ロールしなくても中へ向えば、ピックアンドロールと言われます。

ピックアンドポップ

ピックでひっかけた後、スクリナーが外に開く(ポップ)動きで外からシュートを狙うプレーです。

ディフェンスがスクリーンの後ろ側を通った時に有効で、3ポイントライン付近でフリーとなり、シュートを狙えます。

まとめ

今回は2on2の考え方・攻め方について説明しました!

1on1+あわせの考え方と、2on2でスクリーンを使う考え方の2種類について、覚えておきましょう☆

特に2on2で、スクリーンを使ったピックアンドロールやピックアンドポップは、世界的にも多用されています。

NBAやBリーグなど試合観戦の時などチェックしてみてくださいね!

↓試合を見るオススメのリーグ

(NBA?Bリーグ?ヨーロッパ?)試合を見る方法(配信・VOD)とオススメのリーグとは

↓試合観戦時のポイント

 (初心者向け)上達には試合を見る力が重要~理由・試合観戦のポイントを解説~

それでは!

ヤビー
ヤビー

最後までお読みいただきありがとうございます☆

本記事があなたのお役に立ったならブックマークやtwitterフォローいただけると幸いです^^

↓より多くの方に見ていただくためにポチッと応援いただけるとヤビーが喜びます☆


バスケットボールランキング

プロフィール
ヤビー

バスケ歴23年(指導者がいたのは小学校2年間、中学校1年間)

指導者がいない中、自分で考えて上達するという姿勢で連盟1部の大学体育会部活のスタメンまでたどり着く。

そういった経験から、自分で考えて上達することの楽しさや方法、また自分で考えるにあたっての必要な知識、部活の組織運営、文武両道の秘訣などをお伝えします!

ヤビーをフォローする
考え方
スポンサーリンク
考動バスケブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました