(初心者向け)試合で勝つための4要素

考え方

こんばんは!ヤビーです!

今回は、『試合で勝つための4要素』ということで、勝つための要素に分解しながら説明します。

特に初心者の方にはご一読いただければと思います!

☆ヤビーはこんな人☆

・バスケ歴20年以上(社会人バスケ歴10年)
・大学時代は体育会の部活でスタメン(連盟1部)
・結婚6年、子ども2人(1,4歳)、妻は育休中
・コーチの経験もあり
・後輩、兄弟、友人(とお子さん)の指導経験あり

スポンサーリンク

試合で勝つには⇒相手より多く点を取る。

『試合で勝つ』とは、

自チームの得点(オフェンス)>相手チームの得点(ディフェンス)

という状態のことです。

さらに分解すると、

自チームのシュート試投数×シュート成功率>相チームのシュート試投数×シュート成功率

となります。つまり、

オフェンス:①シュートをたくさん打ち、②成功率高く決める。

ディフェンス:③シュートをあまり打たせないようにし、④シュートを打たれても成功率が低くする。

という要素に分解でき、これらを練習で身につけていくことが重要となります。

勝つための要素の図

勝つための要素を実現するためには

上記であげた①~④の各要素を実現するためにはどういったことが必要か説明します。

要素①シュートをたくさん打つ

 まず、オフェンスの際に必ずシュートで終わる(ターンオーバーをしない)ことが重要です。シュートできずに相手の攻撃となってしまうと、単純に相手の攻撃となってしまいます。

 次に、オフェンスリバウンドを取ることです。本来であればオフェンスとディフェンスは交互となりますが、これが出来れば連続2回オフェンスすることが出来ます。

↓オフェンスリバウンドの考え方についてはこちら!

要素②シュート成功率を高くする

 まず、普段の練習でシュート成功率が高くなるよう練習することが重要です。

 その上で、オフェンス時はシュートが最も入る状況にある人に打たせることで成功率をあげることが出来ます。(次回以降詳細の説明をいたします。)

↓シュート成功率を高くするための考え方はこちら!

要素③相手のシュート本数を減らす

 ここからはオフェンス時の裏返しとなりますが、下記になります。

  ・相手にシュートを打たせない(ミスを誘発する)

  ・ディフェンスリバウンドを確実に取る。

↓ディフェンスリバウンドについてはこちら!

要素④相手のシュート成功率を下げる

 上記と同じくオフェンス時の裏返しで

  ・普段からディフェンス練習をして、相手のシュート成功率を下げる練習をする。

  ・シュートが最も入りにくい状況にある人に打たせる。

となります。

↓相手のシュート成功率を下げる考え方はこちら!

まとめ

試合で勝つためにはということで、得点について要素を分解し、

オフェンスでは①シュートをたくさん打ち、②成功率高く決める。

ディフェンスでは③シュートをあまり打たせないようにし、④シュートを打たれても成功率が低くする。

ということ、また、その実現のために実施すべきことを説明いたしました。

当たり前のことと思われるかもしれませんが、これからバスケをしていくと、様々なシーンやスキルを覚えていかなければいけません。

その中で複雑に考えて訳が分からなくなることもあるかと思います。

そんなとき、この原点に返ってくると目指すべき方向が見えるかもしれません!

ですのでしっかり頭に入れてくださいね!

それではまた!

↓より多くの方に見ていただくためにポチッと応援いただけるとヤビーが喜びます☆


バスケットボールランキング

プロフィール
ヤビー

バスケ歴23年(指導者がいたのは小学校2年間、中学校1年間)

指導者がいない中、自分で考えて上達するという姿勢で連盟1部の大学体育会部活のスタメンまでたどり着く。

そういった経験から、自分で考えて上達することの楽しさや方法、また自分で考えるにあたっての必要な知識、部活の組織運営、文武両道の秘訣などをお伝えします!

ヤビーをフォローする
考え方
スポンサーリンク
考動バスケブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました