(Bリーグ観戦は楽しい)大阪VS沖縄の観戦記~私の中の実写版深津がカモられた日~

バスケを楽しむ

Bリーグって試合を見に行くと楽しいの?

ヤビー
ヤビー

結論から言うとメッチャ楽しいです!

正直、見に行くまでは私もなめてました。

私が始めてBリーグを観戦した2019年の大阪VS沖縄について振り返りながら、Bリーグの楽しさについて紹介します☆

大きな衝撃を受けた試合でしたので今でもハッキリ覚えています!

☆ヤビーはこんな人☆

・バスケ歴20年以上(社会人バスケ歴10年)
・大学時代は体育会の部活でスタメン(連盟1部)
・結婚6年、子ども2人(1,4歳)、妻は育休中
・コーチの経験もあり
・後輩、兄弟、友人(とお子さん)の指導経験あり

Bリーグ観戦の楽しいところをまとめると下記の通りです。

楽しいところまとめ
  • プロならではの激しい攻防・派手さ(実業団時代からの変化)
  • 選手の親しみやすさ
  • 試合前や途中の演出
  • おいしい飲食

事前に楽しみ方を知っておくだけで、当日の楽しさも倍増しますので、ぜひ当記事をご覧ください☆

スポンサーリンク

激しいオフェンス・ディフェンス、派手さ

バスケの試合なら当たり前なんじゃないの?

ヤビー
ヤビー

当然そう思われますよね!

けど、Bリーグができる前とはかなり雰囲気が変わったんです!

Bリーグができる前(JBL時代)の攻防

Bリーグができる前は実業団のチームで構成されるJBLというリーグが実質日本のトップ(※)。

このリーグではボールを前線に運ぶ際もディフェンスが緩く、激しいダンクもほとんどなく、どこか予定調和的に淡々と試合が進む印象でした。

※Bjリーグというプロリーグもありましたが、日本のトップ選手はほとんどがJBLに所属していました。

Bリーグ創設後の攻防

JBLとBjリーグが統一され、Bリーグでは全チームがプロです。

当然、活躍の内容が、生き残りや年俸に関わってきます。

緊張感やオフェンス・ディフェンスの激しさはこれまでにないものとなりました!

また元NBA選手も来るようになり、ダンクシュートなど派手なプレーも相当増えました!

観戦した試合:私の中の実写版深津がカモられた

私が観戦したのは大阪VS沖縄。

地元の大阪を応援する一方、沖縄には元日本代表で私の中での実写版深津(※)の石崎選手がいて、どんな攻防が繰り広げられるか楽しみにしていました。

※漫画『スラムダンク』のキャラクター。王者、山王工業をまとめ上げるキャプテンでPG。長身で冷静沈着、周りを活かしつつ、自らも点を取れる隙のないプレイヤー。

ヤビー
ヤビー

石崎選手に上手くゲームコントロールされるから難しい試合になるかな

なんて予想をしていたら、なんとビックリ!!

大阪の若手ガード、合田選手が前線からハードにプレッシャーをかけるではありませんか!

ヤビー
ヤビー

元日本代表の超有名選手に遠慮なしとかやるなー!

なんて感想もつかの間、あれよあれよという間に石崎選手から3スティール

スラムダンクを読んだことがある人なら、深津からの3スティールのヤバさ、伝わりますよね?

ヤビー
ヤビー

Bリーグおもしれーーー!!!!

となった瞬間でした!!

↓スラムダンクあんまり知らないよという方にはこちらでネタバレなしで解説しています。

スラムダンクをレビューした記事

選手の親しみやすさ

なんと光栄なことに前座試合をさせていただきました☆

前座試合に向かう廊下には沖縄の選手たちがズラッとたんですが、元日本代表のアイラ・ブラウン選手が

『オツカレサマデス!ガンバッテクダサイ!』

なんて声をかけてくれて、一瞬で好きになってしまいました笑。

しかもこの半年後、大阪の街中でアイラ・ブラウン選手を見かけた時も握手&写真を快く撮っていただきました☆

許可を得ていないので写真の掲載は控えます。

試合前・途中の演出

試合始まるまで何してたら良いんだろう

ヤビー
ヤビー

この点もご心配無用です!

いろんな演出で楽しませてくれますよ☆

試合前のショー、試合直前の選手入場、ハーフタイムのチアリーディングと目を離す暇がありません!

具体的に紹介していきますね☆

試合前:Mr.シャチホコさんのモノマネショー

私が観戦した時はMr.シャチホコさんのモノマネショーでした。

モノマネ好きの私としては大ヒット☆

バスケもショービジネスとして完成しつつあるなーと印象をもった1つです!

選手入場:格闘技の入場のようなアツい演出

ホームチームには手厚い演出でした!

炎が上がり、場内アナウンス、映像も用意され、ド派手な演出で圧倒されます!

試合に向けて観客も一気に盛り上がるシーンでした☆

試合の途中:チアリーディングもプロの演技

試合のクォーター間やハーフタイムにはチアリーダーさんたちの演技が見られます。

もちろんプロがされているのでキレも抜群!

ヤビー
ヤビー

一流に触れると感動しますね☆

おいしい飲食

試合会場には有名店の出店がたくさん出店しています!

私のときは5,6店舗あり、芸人の田村けんじさんのお店もありました!

美味しいビールと共に良い気分で食べながら観戦できるのも良いところですね☆

観戦料金は最低2,000円(大阪)→ネット観戦がコスパ抜群

観戦するには最低限チケット代がかかります。

大阪エヴェッサの本拠地での試合の場合、2階自由席の2,000円が最低価格です。

2020-2021チケット価格リンク(大阪エヴェッサ公式HP)

この点、ネット配信のバスケットLIVEなら508円/月でB1、B2の全試合を見ることができ、コスパ抜群です。

下記記事でその他の配信サービスとの比較もしておりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

バスケットLIVEの概要・他サービスとの比較

まとめ

今回はヤビーが2019年に観戦したBリーグ、大阪VS沖縄戦を通じて受けた印象、Bリーグの楽しさについて紹介しました。

選手のプロ意識も高くなり、日本としてもレベルアップしているなか、Bリーグは必見となってます☆

2021年はオリンピックにも出場しますし、ぜひ一度ご覧いただければと思います!

ヤビー
ヤビー

最後までお読みいただきありがとうございます☆

本記事があなたのお役に立ったならブックマークやtwitterフォローいただけると幸いです^^

↓より多くの方に見ていただくためにポチッと応援いただけるとヤビーが喜びます☆


バスケットボールランキング
プロフィール
ヤビー

バスケ歴23年(指導者がいたのは小学校2年間、中学校1年間)

指導者がいない中、自分で考えて上達するという姿勢で連盟1部の大学体育会部活のスタメンまでたどり着く。

そういった経験から、自分で考えて上達することの楽しさや方法、また自分で考えるにあたっての必要な知識、部活の組織運営、文武両道の秘訣などをお伝えします!

ヤビーをフォローする
バスケを楽しむ
スポンサーリンク
考動バスケブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました