(初心者向け)大人がバスケを始めるときにすべき練習メニュー

バスケを楽しむ
初心者さん
初心者さん

バスケ素人なんですが、何の練習から始めたら良いですか?

最近色んなクラブチームに練習に行かしてもらう機会が増え、社会人になってからバスケをする方が思ったより多いことを知りました!

社会人から始めると、指導も受けられないしチーム運営も適当なので成長が実感しにくいんですよね。

ヤビー
ヤビー

では大人の初心者が何から練習をすべきか、最短で活躍しモチベが続くような方法を紹介しますね☆

ヤビーの経歴

・バスケ歴20年以上
・コーチの経験もあり
・後輩、兄弟、知人のお子さんの指導経験もあり

結論からいうと、

  • 決まった位置でミートからのシュート練習
  • あわせの理解

が重要です!

なぜなら下記のメリットがあるからです☆

  • 得点がとれる。
  • ドリブルで攻める人の助けになる。
  • フェイクからの展開(ドリブル)がある
  • ドリブルほどミスが出ない。
  • 武器を1つ持つことで自信になる。
  • 居場所(スペーシング)に困らない。

それではさっそく解説していきます☆

ルールについて知りたい方向けの記事→リンク

全体の流れや考え方について知りたい方向けの記事→リンク

スポンサーリンク

やるべき練習=定位置でミートシュート

シュート練習のイメージ

個人でやる練習ではドリブル、パス、シュートが考えられます。

その中でもやるべき練習は圧倒的にシュート練習です!

その理由について説明していきます。

理由1:ドリブルは身につくのに時間が必要かつ失敗しやすい

YouTubeでは最近ドリブルのスキル動画がたくさんありますが、初心者が短期間で身につけるのは非現実的です。

失敗を重ねすぎるとパスも回ってくる回数も減ってしまいます。

それに比べシュートであれば、短期間でも試合やゲームで使えるようになる可能性があります☆

理由2:得点がとれ、自信につながる

シュートはドリブルと違い、直接得点になります。

バスケをするなら得点を取れると嬉しいですよね?

また、シュートが一つの武器となることで自信にもつながりますよね☆

理由3:ドリブルで攻める人の助けになり、居場所に困らない

周りは経験者ということが多いため、だいたい経験者がドリブルで攻めます。

当然ディフェンスはそこを警戒し集中するため、あなたがフリーになる可能性が高いです。

そこで、パスをもらってシュートを打つことができれば立派なオフェンスの完成です☆

パスを受けやすい位置に移動すればいいので、動く場所に悩むといった問題も解消されます♪

理由4:フェイクからの展開(ドリブル)ができる

シュートが決まるようになると、ディフェンスも警戒してきます。

そこでシュートを打つフリ(=フェイク)をしてみましょう。

相手は必死に止めるためにジャンプしてくれるかもしれません。

そうすると、ドリブル1つで相手を抜き去ることができます

バスケYouTuberの解説する複雑なドリブルを極めるよりよっぽど簡単です!

シュートの練習方法

シュート練習イメージ

以前の記事(リンク)で、初めて練習するときはどうすれば良いかを解説していますが、

ここではもう少し先の『決まった位置でミートからのシュート練習をする』、『あわせを理解する』について解説していきます。

決まった位置でミートからのシュート練習をする

決まった位置からシュートを打つのは、短期間で試合で使えるようにするためです。

色んな位置から練習していては、感覚が身につきにくいですので、まずは自分の武器を身につけるため、決まった位置からのシュートを練習しましょう☆

また、実際の試合ではボールをもらってからシュートを打つまでの時間をできるだけ短くする必要があるので必ずミートしてシュートするようにしましょう♪

オススメの位置

オススメの位置の図

シュート練習をするのにオススメの位置ですが、味方でドリブルで攻めた後にパスをもらいやすい(後ほど説明する『あわせ』をしやすい)位置になります。

上の図のショートコーナーと呼ばれるエンドラインに近い位置と、ペイント(色のついた四角)の上側の少し横です。

まずはこの4カ所で練習するようにしましょう!

ミートシュートの参考動画

シュート練習の際に参考にしていただきたいのが下記の動画です。

こちらに限らず色々と動画はありますが、非常にシンプルにまとまっています。

動画では内、外といった表現が使われていますが、

右利きなら、

・左、右のパターン

・両足のパターン

2つをまずは練習すると良いかと思います☆

あわせの理解

先ほども少し触れましたが、社会人でバスケを始めた場合、周りは経験者ということが多いため、だいたい経験者がドリブルで攻めます。

そこで、ディフェンスがドリブルした人に集中した際に、パスをもらいやすい位置に動くこと(あわせ)を行います。

ショートコーナーでのあわせの例

例えば上の図では、トップの位置から①の選手がドリブルで攻めた場面です。

相手を抜き去ったため、②のディフェンスがカバーに動きます。

このとき②の選手がそのままの位置にたっていると、①は後ろ向きにパスすることになるため、なかなかパスは来ません。

そこで①が見やすい位置に動きます。そうするとパスが来ますので迷わずシュートを打ちましょう☆

こういったあわせの動きを理解しておくことが重要となります。

あわせについては記事はこちら→リンク

まとめ

初心者でクラブチームに参加すると、周りはたいてい経験者です。

その中で自分の武器をいち早く習得し発揮するには効果的な位置でシュート練習をすることです。

また実践に向けてはあわせの動きを理解しておくことが重要です。

シュート練習を徹底することで、下記のメリットを実感しましょう☆

  • 得点がとれる。
  • ドリブルで攻める人の助けになる。
  • フェイクからの展開(ドリブル)がある
  • ドリブルほどミスが出ない。
  • 武器を1つ持つことで自信になる。
  • 居場所(スペーシング)に困らない。

それではまた!

ヤビー
ヤビー

最後までお読みいただきありがとうございます☆

本記事があなたのお役に立ったならブックマークやtwitterフォローいただけると幸いです^^

↓より多くの方に見ていただくためにポチッと応援いただけるとヤビーが喜びます☆


バスケットボールランキング

↓公園など外で個人練習したい方にオススメのボールはこちらから

プロフィール
ヤビー

バスケ歴23年(指導者がいたのは小学校2年間、中学校1年間)

指導者がいない中、自分で考えて上達するという姿勢で連盟1部の大学体育会部活のスタメンまでたどり着く。

そういった経験から、自分で考えて上達することの楽しさや方法、また自分で考えるにあたっての必要な知識、部活の組織運営、文武両道の秘訣などをお伝えします!

ヤビーをフォローする
バスケを楽しむ
スポンサーリンク
考動バスケブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました